【仙台市保健所 健康安全課】偽造医薬品の流通防止に係る省令改正について。

仙台市保健所 健康安全課からのお知らせ

偽造医薬品の流通防止に係る省令改正について

偽造医薬品の流通防止に係る省令が改正され、一部を除き平成30年1月31日から施行されました。
偽造医薬品等の不適正な医薬品の流通防止に向けて下記の点について特にご対応いただきますようお願いいたします。
また、「偽造医薬品の流通防止に係る省令改正に関するQ&Aについて」(平成30年1月10日付事務連絡)の内容をご確認いただき、今一度日常行われる業務手順及び手順書、並びに構造設備等の見直しをお願いいたします。


1. 医薬品を譲り受ける際は、当該医薬品が本来の容器包装等に収められているかどうかその状態(未開封であること、添付文書が同梱されていること等を含む)を確認することに加え、譲渡人が必要な販売業許可等を有し、当該医薬品を適正な流通経路から入手していることを確認するなど、偽造医薬品等の混入を避けるため、必要な注意をすること。

2. 医薬品販売業者においては、譲渡人の本人確認を行い、名称等を記録するなど、平成29年10月5日付薬生発1005第1号医薬・生活衛生局長通知等に則り適正に対応すること。
特に開封前の医薬品については、未開封であることを確認するとともに、開封した医薬品を譲り受ける場合には、開封した者の名称、住所等を確認すること。

3. 医薬品製造販売業者、医薬品製造業者においては、品質管理の徹底を行い、確実に封を行うこと。

4. 患者等に対し調剤した薬剤又は医薬品の販売等を行う際は、医薬品(その容器包装を含む)の状態を観察し、通常と異なると認められる場合は販売せず、異常のない医薬品を用いて改めて調剤するなど適切に対応すること。また、通常と異なると認められる医薬品については、所管の都道府県等に連絡すること。


【偽造医薬品の流通防止に係る省令改正に関するQ&A】(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/dl/180110-1.pdf


【お問い合わせ】
仙台市保健所健康安全課 214-8085

【2018/02/27】

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。