4.TUE(治療使用特例)について

治療の目的で禁止物質や禁止方法を用いる必要があるケースもあると思います。
そのような場合はTUE(治療使用特例)を申請しましょう。事前にTUEを申請して、TUE委員会で審査、承認されると例外的に禁止物質・禁止方法を用いても違反になりません。

但し、TUEが承認されるためには、次の条件をすべて満たさなければなりません。
1. 治療上使用しないと健康に重大な障害を及ぼすことが予想される。
2. 他に代えられる合理的な治療法がない。
3. 治療上使用した結果、健康を取り戻す以上に競技力を向上させる効果を生まない。
4. ドーピングの結果生じた副作用の治療ではない。

TUEは、薬を処方した医師に書いてもらわなければなりません。

TUE申請書類は下記からダウンロードしてください
http://www.realchampion.jp/download/6#anc-29

医師のためのTUE申請ガイドブックは下記からダウンロードしてください
http://www.realchampion.jp/download/6#anc-28

 

*診断根拠を客観的に証明する下記の書類等も必要になります。

・臨床経過を記載した文書
・診察所見(必要に応じて、写真)
・検査結果(必要に応じて、データや報告書コピー)
・画像所見、フィルム

国際競技連盟から指定されているアスリートの場合は同連盟に、国際総合競技大会に参加する競技者は国際総合競技大会主催団体(IOC、IPC、OCA、FISUなど)に、それ以外は原則としてJADAの TUE委員会に、直接TUE申請します。原則としてJADAへのTUE申請は必要な大会の30日前までに申請する必要があります。
*TUE申請の期限と申請先は競技レベル、参加する競技会によって異なるので予め確認してください。

万が一、「競技会において禁止される物質」が体内に残っている状態で競技会に参加する可能性がある場合も、TUE申請してください。(禁止物質が体内に残っているかの判断は、医師へご相談ください。)
競技会中に、救急治療や急性病状の治療のために禁止物質や禁止方法を用いた場合には、TUEの事後申請が可能です。これを「遡及(そきゅう)的TUE申請」と呼ばれるもので、通常の申請条件に加え「緊急性を証明する医療記録」が必要になります。 事後速やかにTUEを申請してください。 遡及的TUEは認められるのは、緊急時の使用のみで、かつ前述の1〜4の条件を満たさなければなりません。

■TUEに関する詳しい内容は JADAホームページ http://www.realchampion.jp/process/tue
を確認してください。

【2015/04/10】

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。