3.特に気をつけたい一般用医薬品・要指導医薬品と健康食品・サプリメント

1.胃腸薬に注意
胃腸薬にはストリキニーネ(禁止物質)を含有する生薬ホミカが成分として含まれているものがあります。ストリキニーネ(ホミカ)は興奮薬として禁止され、検出されれば直ちに違反です。
胃腸薬を使う場合はホミカ(ストリキニーネ)が含まれていないことを確認しましょう。

2.滋養強壮薬に注意
滋養強壮薬には、禁止薬物である蛋白同化薬(テストステロン)及びホルモンの関連物質を含む漢方薬、また、禁止物質であるストリキニーネ(ホミカ)が含まれているものもある。そして、医薬品以外のいわゆる健康食品として、滋養強壮目的の錠剤やドリンク剤が多数市販されており、これらの中にテストステロンなどの関連物質が含まれている可能性も否定できません。普段から使用しないようにしましょう。
*蛋白同化薬及び関連物質には、テストステロン、メチルテストステロンの他に、生薬成分である、海狗腎(カイクジン)、麝香(ジャコウ)、鹿茸(ロクジョウ)などがあります。


3.毛髪・体毛用薬に注意
毛髪・体毛用塗り薬では、男性ホルモンが配合されているもがあり、禁止されています。普段から使用しないようにしましょう。
*ペレウス(協和新薬―森下仁丹)、ミクロゲン・パスタ(啓好堂)
*一般用薬ではないが、円形脱毛症に糖質コルチコイドの内服が使用されることがあり、TUE申請が必要となります。

4.鎮咳去痰薬に注意
ベータ2作用薬は常時禁止です。市販の鎮咳去痰薬に含まれるトリメトキノール、メトキシフェナミンにはベータ2作用があり禁止物質とみなされます。普段から使用しないようにしましょう。

5.漢方薬に注意
漢方薬を構成する生薬には、それぞれたくさんの成分が含まれており、1つ1つの成分を禁止物質にあたるかどうか特定するのは困難です。漢方薬にも明らかに禁止物質を含むものがあり、例として、麻黄にはエフェドリン(特定物質)やメチルエフェドリン(特定物質)、プソイドエフェドリン(特定物資)、ホミカにはストリキニーネ(特定物質)、そして前述の滋養強壮薬には蛋白同化作用を示す成分が含まれています。また、半夏にも微量ですがエフェドリン類が含まれているので、注意が必要です。さらに名前が同じでも製薬会社、原料の産地、収穫の時期などで成分が違うことがあります。また、カタカナ表記で西洋薬と間違えてしまうような漢方薬もあります。
〇漢方薬のTEU申請について:一般的に漢方薬を使用しなくても疾患の治療が可能な場合、TUE国際基準に付与基準に該当せず、承認されません。また、漢方薬が含有する禁止物質が特定できない場合TUE申請はできません。TUEは物質を申請して、その物質に対して治療目的使用が認められます。漢方薬の方剤名は物質名ではありませんので、方剤名でTUE申請はできません。


6.風邪薬に注意
多くの総合感冒薬(いわゆる風邪薬)には禁止物質のエフェドリンやメチルエフェドリン等が含まれているため、注意が必要です。

7.その他の注意する医薬品
鼻炎用薬:市販の鼻炎用薬には興奮薬として禁止されているプソイドエフェドリンが配合されていることが多く、注意が必要です。
鼻づまりの点鼻薬、点眼薬:ナファゾリン等の血管収縮剤は、点鼻・点眼を含む局所使用が許されていますが、何回も多量に使用して体内に吸収されると、ドーピング違反が疑われる可能性があります。また、点鼻薬は連用により鼻づまりを悪化させる恐れがあります。
アレルギーの内服薬:市販のアレルギー用薬には禁止物質が配合されていることが多く、注意が必要です。

8.健康食品・サプリメントに注意
健康食品・サプリメントと呼ばれているものは、医薬品ではなくあくまで「食品」です。医薬品ではないので製造・販売の規制が厳しくなく、成分表示が信頼できるものばかりではありません。実際に表示されていない禁止物質が混入されている商品もあり、評判をあげるために意図的に行われていることもあります。

また、サプリメントの含有成分はすべて明らかにすることは困難なため、サプリメントに禁止物質が含まれていないか明確な答えを出すことは誰にもできません。あくまでも「自己責任」で摂取することになります。 

参考までに、日本ドーピング機構(JADA)の審査を経て禁止表に抵触しないとされた公式認定商品があります。

※ JADA公式認定商品

 

海外の製品
*6−オキソ(4-アンドロステン-3,6,17-トリオン)や、ゼラニウム油あるいはゼラニウム根エキスとして表示されているメチルヘキサンアミンを含む栄養サプリメントが販売されています。
*2004年3月、米国食品医薬品局(FAD)はアンドロステンジオン配合サプリメントの販売を自主的に中止するよう通知し、2004年4月には「エフェドラ(エフェドリン類)」成分を含むサプリメントの販売を禁止しました。しかし、これらがまだ流通している可能性は否定できず、また、エフェドラの代わりにダイエットサプリメントとして登場した「ビターオレンジサプリメント」にはシネフリン(監視プログラム)が含まれています。
*中国製ダイエット食品による死亡例を含む肝機能障害が国内で多数報告されていますが、これらには2007年禁止表に掲載された興奮薬シブトラミンやマジンドールが含まれているものがあったことが判明しています。

胎盤由来成分
美容や若返りを効能としてうたっている製品には、胎盤由来成分などの禁止物質が含まれる可能性があります。
ビタミン、ビタミン様物質(コエンザイムQ10、L-カルニチンなど)
ビタミン、コエンザイムQ10やL-カルニチンなどのビタミン様物質は禁止されていません。
しかし、これらに種々の強壮剤を配合した製剤、特に外国製品には禁止物質を含むものがあります。

アミノ酸
アミノ酸含有のスポーツドリンクが流行です。アミノ酸そのものはドーピング物質ではありませんが、スポーツドリンクには製品によってさまざまな天然物(ホルモン性の天然・合成成分)を添加したものもありますから注意が必要です。

[薬剤師のためのドーピング防止ガイドブック 2014年]より

 


日本医薬情報センター(JAPIC)   http://www.japic.or.jp/

iyakusearch (医薬品情報検索)  http://database.japic.or.jp/is/top/index.jsp
医療用医薬品添付文書情報、一般用医薬品添付文書へ入力

Global DRO JAPAN
http://www.globaldro.com/jp-ja/default.aspx

【2015/04/10】

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。