飲んでる薬の作用や副作用を強めてしまう例

飲んでいる薬(A) 食物・嗜好品 起こることがある症状
高血圧、狭心症の薬
(カルシウム拮抗薬)
グレープフルーツジュース 血圧の下がり過ぎ
心臓の働きの低下
ぜんそく薬、咳止め、かぜ薬
(テオフィリンを含むもの)
紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーヒー(カフェインを含むもの) 副作用が強まる(頭痛、不眠、イライラなど)
鼻炎薬
(塩酸フェニルプロパノールアミンを含むもの)
チーズ、ワイン、バナナ、そら豆(チラミンを含むもの) 頭痛、胸苦しさ、血圧上昇など
血栓症薬
血液を固まりにくくする薬(ワルファリン)
糖尿病薬 (トルブタミド)
催眠鎮静薬 (バルビタール、トリアゾラム)
酒(アルコール)
<飲酒中、飲酒後>
※長期の大量飲酒者の場合は逆に、薬の作用が弱まることがある
出血傾向
低血糖(だるさ、ふるえ、意識消失)
呼吸抑制、意識もうろう、血圧低下

お願いとご注意:
・同じ種類の薬でも、薬によって副作用が異なります。
・医師から指示を受けている場合は、指示に従って下さい。
・個々の薬については処方医師・調剤薬剤師にお尋ね下さい。

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。