併用薬の副作用を強めてしまう例

飲んでいる薬(A) 飲み合わせで副作用が強まる薬(B) 起こることがある症状
胃・十二指腸潰瘍薬
H2受容体拮抗剤
<シメチジン>
ぜんそく薬
気管支拡張剤
<テオフィリン、 アミノフィリン>
(B)の血中濃度が高くなり中毒症状(吐き気、動悸、不眠、手足のふるえなど)併用注意
催眠鎮静薬
<トリアゾラム>
抗不安薬
<ジアゼパム>
(B)の血中濃度が高くなり眠気・不快感の延長、ふらつき、頭痛、呼吸抑制 併用注意
カビの薬
抗真菌剤
<イトラコナゾール、
ミコナゾール>
ぜんそく薬
抗アレルギー剤
<テルフェナジン>
(B)の血中濃度が高くなり頻脈、動悸、手足のふるえ 併用禁忌
抗生物質
<エリスロマイシン>
鎮痛・消炎・解熱剤
非ステロイド系抗炎症薬
<インドメタシン、
ピロキシカム、
フェンブフェン>
抗菌剤
ニューキノロン系
<シプロフロキサシン、
オフロキサシン、
エノキサシン>
併用によりけいれん発作が急増する
併用注意

お願いとご注意:
・代表的な薬剤名を記しました。
・ここに挙げた例の他にも多くの相互作用が知られています。
・実際に飲んでいる個々の薬については処方医師・調剤薬剤師にお尋ね下さい。

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。