併用薬の作用を強めてしまう例

飲んでいる薬(A) 飲み合わせで作用が強まる薬(B) 起こることがある症状
胃・十二指腸潰瘍薬
H2受容体拮抗剤
<シメチジン>
高血圧薬・狭心症薬
カルシウム拮抗剤
<ニフェジピン>
β −遮断剤
<プロプラノロール>
血圧が下がり過ぎる
併用注意
血栓症薬
血液を固まりにくくする薬
<ワルファリン>
血しやすくなる 併用注意
鎮痛・解熱剤
非ステロイド系抗炎
症薬
<アスピリン>
血栓症薬
血液を固まりにくくする薬
<ワルファリン>
出血しやすくなる 併用注意
糖尿病薬
スルホニル尿素系
<グリベンクラミド>
血糖が下がり過ぎる 併用注意

お願いとご注意:
・代表的な薬剤名を記しました。
・ここに挙げた例の他にも多くの相互作用が知られています。
・実際に飲んでいる個々の薬については処方医師・調剤薬剤師にお尋ね下さい。

Copyrightc 2010. Miyagi Pref. Pharmaceutical Association. All Right Reserved.
宮城県薬剤師会に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。